読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Stewartとかーくん

よく若い人にありがちですが、あまり自分の肌に頓着せずスキンケアを全くしないまま、若いからまだ大丈夫、という風に考えている人はいないでしょうか?でも、20代の肌だからといって、シワができないなんてことはありません。


シワができる原因は主に主に紫外線や乾燥が肌に与える損傷ですが、とりワケ、それらが日々積み重ねられていくというのが長く肌に影響する為す。

沿ういうことですから、ハリのある健康な肌をできるだけ長くキープしたい場合は、若いうちから日々コツコツと肌のケアを欠かさず行なった方がいいのです。


http://eeijire5qnedrtalypt.hatenablog.com/

緑茶の茶葉は、最近話題のカテキンをたくさん含んでいます。カテキンは、ビタミンCが酸化などで減少することを防ぎ、ビタミンCの作用をいっ沿う高めるはたらきをしています。美白を目指すのならビタミンCは必須の栄養素なので、緑茶でビタミンCとカテキンの両方を摂取することが可能なので、メラニン色素が沈着し、シミの元になることをすごく抑えることができるんです。


お肌にシミが多いと、年をとって見えてしまうでしょう。


そもそもシミとは何なのかに着目すると、皮膚の細胞内で産生されたメラニン色素が表面から剥がれることなく蓄積されたものです。お肌のターンオーバーを正常化することで多少はシミを薄くできる可能性がありますが、市販のピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)剤によってお肌の古い角質を取り除くと、よりその効果が現れやすくなります。ただ、過度なピーリング(フルーツ酸などで老化した古い角質を剥がして、皮膚の再生や肌質の改善を目指します)はかえってお肌にダメージを与えてしまうことになるでしょう。



糖質を摂り過ぎるのはちょっと考えて頂戴。砂糖などの糖質は、くすみの原因になります。

過剰な糖分とタンパク質が結合し、全身の老化を早める糖化生成物に変化する為す。この糖化がお肌のコラーゲンに起きると、黄ぐすみが目立ってきたり、シミやしわ、たるみが生じたりする事態が心配されます。

顏にいつの間にか増えてしまったシワについてはできれば消してしまいたいものです。

さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、帽子や日傘(強い風でも大丈夫なブラントというブランドのものや24本骨のものも人気ですね)などの紫外線カットアイテムで、夏だけでなく一年をとおして対策を施し、日焼けしてしまったら、必ずその日のうちに焼けた肌を冷やして、熱がこもらないようにします。
さらに、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容液で保湿、シミ予防、乾燥防止につとめましょう。

こういう予防、ケアを積み重ねることが、結果としてはアンチエイジングになっていきます。


シミでお困りの女性にちょうどの飲み物は飲む美容液。

ローズヒップティーです。



レモンと比べて20倍以上というほどのビタミンCを含んでいて、体の中から退治したいメラニンに効き、色々な要因で傷ついてしまいやすいコラーゲンの生成を助けてくれるので、シミやくすみの予防をし、くすみのない肌になります。

抗酸化作用にも優れており、若い肌を取り戻すのにもいいですね。
アラサーと言いつづけて5年、ついに私の顔にもシミが出現して、恐ろしい増殖ぶりです。私の場合は原因がはっきりしていて、日光に含まれる紫外線、それが私の肌を容赦なく焼いたのです。子どもが生まれ、少し大聞くなって平日は二人で、休日は夫とともに近くの公園まで出かけ、AM中たっぷりとあそばせました。子どもの身支度もする為、自分の日焼けのことなんて、ころっと忘れて出かけてしまうこともしばしばです。後で必ずつけが回ってきます。若くても日焼け対策はしっかりするように心がけます。


気がつけばアラサーになっていて、シゴトもあれこれ任されるようになり、毎日忙しくしているのですが、ある時、鏡をチラっとのぞいて何か違和感があり、もう一度しっかり自分の顔を見てびっくりしてしまいました。鏡の中から、くっきりしたクマと細かいシワに顔を覆われた自分の顏が見返してきました。

どれだけ自分が疲れ果てているのか、思い知らされた気がしたのです。この時のことをきっかけとして、私は決心しました。

どんなに疲れて帰ってきても本日はもういいや、と諦めたりせず、ケアをきちんと行って、肌を守るためにできることをしよう、シワの予防に努め、保湿持ちゃんとしようと決めました。